スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドビルパン

2010-10-05

今年のHEC Dabat (グランゼコールでやってる討論)はド・ビルパン元首相でした(イラク戦争開戦時のフランスの外務大臣で開戦反対演説を国連でしたので有名)。
なお、去年はジョスパンさんでした。
去年、簡単に入れたので今年もそうだろうとぎりぎりの時間にいったら、一番大きなホールは既に満席で入れず、ビデオ中継やってる大講義場もすでに立ち見の状態。あれれ、人気だよ(フランス語でかつ時間が20時からとおそかったこともありMBAはほとんどおらず、グランゼコールかマスターの人たちのようでしたが)。
内容はフラ語だったので全て理解したわけではないので、詳細内容にコメントはできないのだけれど、トピックとしては目下注目の年金問題(前日が確かストだった)、中近東情勢について、Banlieu問題(Banlieuは本来の意味は「郊外」だけど、移民の方が多く住むエリアがあったり、所得の低い方が住むエリアがあることから、格差・移民の問題としてこの場合捉えてよいと思う)等々。
一応、Debat(討論)となっているので、ドビルパンさんとグランゼコールの学生が討論する形にはなっている。
22,23歳の若者なので、まあ政治家相手に対等に討論していたとは言い難いものはあったけど、人物紹介のスピーチとか司会進行とか、まあ若いのによくやるな、と思ったのも確か。
まあどこまで本質的な議論だったかは別として、これもHECならではの機会だな、と思った。(後でフランス人に聞いたら、新しい発見はなし、お手本通りの回答をユーモアをきかせてしゃべってたくらいじゃない、とのコメントだったので、まあそうだったんでしょう)。
スポンサーサイト

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

Journée de Patrimoine (遺産の日)

2010-09-21

9/18, 19の週末は、(文化)遺産の日でした。フランスだけでなくEU全体のものだったよう。通常は開いてない文化施設が数多くあいていて(多くが無料)、中には解説つきで歴史も学べるところもありました。
土曜はベルサイユ、日曜はパリでいくつか訪問。お天気も最高によかったのでとっても楽しい週末でした。
ベルサイユ: salle de joue de Paume (ポムゲーム施設) ポムというのはテニスの前身みたいなゲームで、フランス革命前に王侯貴族がやっていたゲーム。ここはベルサイユ宮殿のすぐそばでルイ14世(だったと思う)の運動不足解消を目的としてつくられたらしい。で、革命時も議員があつまってわいわいやったところという意味でも重要な意味をもつらしい。解説員のおじさんが1時間半説明してくれた(聞いている人は全員コートの真ん中に立ったまま1時間半。。。フランス語だったのですべて理解できたわけではないけど、面白かった)
Freemasonの家。
ルイ14世時代にたてられた軍人のための学校。これは、火事を防ぐために天井に木を使わない工法が特徴。
その横にある同時代の図書館。図書館は建物がとってもかわいらしかった。装飾もいい具合に古くなってて。当時はきんきらきんだったんでしょうが。
翌日はパリで、フランステレビジョンにいってみたけど、2時間待ちと言われ予定変更。
Ecole Militaireというエッフェル塔の南にある建物へ。名前のとおり、陸軍士官学校。ルイ14世時代にポンパドール婦人の貢献によりつくられたとか。卒業生の有名どころはなんといってもナポレオン。
お馬さんがいっぱいいました。きちっと手入れしてあったし、一般馬と高級軍人用馬では厩舎も違う階級社会。
他に図書館では、本の修復作業の展示があってました。
これまで建物の前は何度も通ってたので入れてよかった。
その後ミシュランの博物館にいってみたら、3週間前に予約が必要(!)と言われあきらめ、RATP(パリ交通公団)の展示へ!古いメトロが展示してあって、それだけでもかわいかったんだけど、そこで話を聞いてたら、今日・昨日はその電車が運行してると!
わざわざ数駅もどって乗りました。まあそこまで混んでなかったけど、人がいっぱいつまってしまうとただの電車やねえ、と。
これ以外にも、工場が開放デーをやっていたり、フランス全土でいろいろやってたみたいです。Journée de Patrimoine,とてもいいアイディアだと思いました。

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

PP2スタート!

2010-09-20

夏休みがおわPP2とよばれるPhaseの開始。
また、新しいIntakeの方が入ってきたのでキャンパス内が活気づいている。
しかし、フランスの秋は早い。日本では、9月といえばまだまだ暑い日が続いてるんだと思うが、ここではすっかり秋。朝晩はフリースを着込み、靴下を履き、という感じです。でも天気は結構よくって、新入生の方が気持よくフランス生活を始められているのではないかと思います。
さて、Hatchは、まだ本格的に授業は始っていないのだけど、今PhaseはStarategyとMarketingを中心にとります。
これまで1年間学んできた知識をStaretegyの授業で活かせるのではないかと期待。
特にこのPhaseではこれまでの授業より一歩深いところまでやるトラックと呼ばれる単位があります。毎週火曜の同じ時間にあるので一人一つしかとれないけど、Marketing, Strategy, Finance, Entrepreneurの4つかな(TechnologyかITみたいなのが構想としてはあったみたいだけど、応募者が少なかったためにEntreに統合されたとか)。
HatchはMarketingとStrategyで迷って後者。
でもまあ授業は分野に限らずミックスさせてとれるのでまあいいかと。

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

夏休み フォンテーヌブロー、バルビゾン

2010-08-21

バルビゾン
パリから1時間くらいの村。ゆっくり回って2時間くらいで観光ポイントをまわれちゃう相当ちっちゃな村。でも、満足。
ガンヌの旅籠(バルビゾン派の画家を中心として、19c後半に画家がいっぱい集まった宿屋)が相当面白かった。
家具、調度品、壁に好き勝手放題に絵が書いてあって、高度な落書き宿でした。
ミレーのエッチング、バルビゾン派の絵もいっぱいみれた。
あと、昨日に引き続き天気が最高。日本でいうところの秋晴れ。
30度はいってないんだけど、太陽があたると暑いけど、空気はからっとしてて、空は青い!
バルビゾンでもそうだけど、その前に訪れたフォンテーヌブローでもとってもきれいな写真がとれた。
Hatchのイメージのバルビゾン派はミレーの絵の感じでとってもまじめな人たち、てな感じだったんだけど、
実はそうではなかったのかも。
当時は外で風景を描くというのは、新しいアイディア。
絵具を保管する技術によってもたらされた自由。
なので、自由と農村の風景、森の風景を求めて、パリから大勢の画家が集まっていたらしい。
ガンヌの旅籠はその雰囲気(自由闊達)がよく出てました。

フォンテーヌブロー
中世以降代々のフランス王が使い、ナポレオンもエルバ島に流される直前まで使っていたお城がある町。
このお城装飾がすごかった。
外からみるとそこまで豪奢には見えないのだけど、王、ナポレオンが使っていた部分の天井、壁、床、調度品のすごいこと。
ベルサイユとはちょっと違った感じ。
ところ狭しと絵を書き、装飾を施し、フランソワ1世にいたってはいやっていうほど自分のイニシャルとマーク(サラマンダ)を施した回廊をつくってた。
古いものを今みてこれはすごいねー、と好みは別として感嘆するすごさだったので、当時はもっとすごかったんだろうな。
お庭もひろーーーーかった。
全部は見なかったけど、本当に今日のお天気のおかげもあって、池の水面は輝き、緑と青空でとてもきれいでした。

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

夏休み オーベルシュールオワーズ

2010-08-21

パリの北のはずれの街、オーベルシュールオワーズを訪問。ここはなんといってもゴッホ。
とにかくゴッホ。
なぜなら彼がここでなくなり、なくなる前の2か月強の滞在の間に60枚以上の絵をここで描いたから。
町自体はとってもちっちゃい。
名前の通り、オワーズ川沿いの町。
ゴッホがなくなった際に住んでいたラブー亭を訪問。今はメゾンドバンゴッホという名前。
ゴッホがなくなった部屋はとってもちっちゃなさびしいお部屋。
ピストル自殺したけど、なくならずに、自力で帰ってきて、ここで苦しんでなくなったらしい。
その後、ゴッホゆかりの場所を散歩、向かいの市庁舎、近くの教会、ゴッホと弟のテオさんが眠るお墓、ゴッホが描いた風景が残る畑、家々等。
お墓は緑のツタで覆われていた。
ゴッホはともかく、テオさんのお墓はここでよいのだろうか。彼はよりオランダ人であったろうし、家族もいたはずなので。
教会(絵は今はオルセー)がゴッホの描いたまんまだったので、なんとなくうれしい。
その後、ガシェ医師の家へ。
そもそもゴッホがアルルからフランス北部に戻ってきたのも彼を頼って、ということだったらしい。
ガシェさん自体も絵を描いたらしいけど、その展示はなかった。時々企画展でのみ展示してるよ、ということでした。
ゴッホ以外にも、その当時のこの町を訪れここを描いた画家はいて(セザンヌさんとか)、当時のフランス美術会はSmall worldだったんじゃないかと思う。
この町はとにかくゴッホなので、ポイントには、どういう絵を描いたかパネルが展示してあって、それをお散歩して回るのが楽しかった。

テーマ : 海外留学
ジャンル : 学校・教育

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。